FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
東北へ
2014 / 04 / 17 ( Thu )
それまで自分が東北に住むことがあるなんて、まったく考えたことありませんでした。子どもの頃から、米国に住む日は来るかもしれない&東京は行くかもしれないと思ってたけど、それより北は考えたことなかった。なにしろ父は九州、ダンナさんも九州の人ですから。米国でも東京でも、あともう少しで何かできるかも、と思い始めたところでタイムアウト。またか・・・と、軽く恨めしかった。


でも。そろそろ子ども欲しいなあとも思い出してました。当時25歳。21歳で結婚したというたびに周りがどん引きするので、子どもは平均的な年齢のときに産みたかった。そうすればバレないし(?)。だから、もう少し後でも良かったんだけど。仙台に行くとなったら、じゃいっそのこと、さっさと子育てして次の土地に移るときには存分にしたいことできるようになっておこう、と切り替えることにしました。仕事は、いつ辞めても全然問題ないし。というかすでに会社として機能してなかったし。仙台行くのが決まってから実際に引っ越すまでは半年ちょっとありました。なので早速、子作り開始です。


が。しかし。そんなこと言ってると、子どもってなかなかやってきてくれないものです。我が家はダンナさんの方にも私の方にも、できちゃった結婚カップルがいるので確実に多産系。「よおしっ!」と準備万端状態になった最初の月は、「これで私も、来月の今頃は妊婦だわ♪」とウキウキ。確信に満ちてました。妊娠をいつ社長に報告しようかしら。つわりになったら、2時間の通勤は、しんどいだろうな。車内で吐いちゃったりするのかな。あ。この人、妊婦さんだ。頑張って通勤してるのね。うふふ~、と道行く人に対して勝手に同士の気分になってみたりして。


でも。1か月目は外れ。2か月目も。そうして3か月目も。半年経った頃は挫折感でいっぱい。いったい私の何がいけないんだろう。この結婚は間違いだったんだろうか。パソコンばかりしているから?通勤時間が長いから?コーヒー飲んでるから?キムチ好きだから?太ってるから???勤務中も通勤電車の中でも、家でも、外を歩いていても、胸にずしんと重みを抱えたままで気が晴れません。新宿駅の激しい人混みにもまれながら&流れに置いて行かれないよう必死に歩きながら。私は、いったい何をやっているんだろう、と無力感に襲われ、帰りの電車の中で目に涙を浮かべる日々が続きました。


そして東北へ。引っ越しすると妊娠するパターンってあるらしいよ、と励まされてたので信じるフリはしてましたが、まさか本当に「当たる」とは!やっぱり東北ついてきたのは正しかった。だって空気きれいだもん、澄んでるもん、ばんざーい!!


、、、と大喜びするかと思いきや、、。妊娠検査薬で陽性反応を見た瞬間の私の正直な気持ちは、「挫折感」でした。これで私の自由は無くなる。もう終わりだ。残りの人生は、すべて子供たちに捧げるんだ。犠牲と忍耐だけの日々が続くんだ、という「確信」でした。8月5日の大花火の夜です。今でもはっきり覚えています。ダンナさんがアメリカ出張中で1週間の留守。私は、熱っぽくて、胸にズキズキするハリというか痛みがあり、身体中が今まで経験したことのない違和感の状態。狭くて暗い官舎で一人きり。友達もいない。外では、うるさいぐらいに大きな花火が響いてきて町中が盛り上がっている中、私だけが取り残されて人生の絶望を味わっている気分でした。そんな自分に罪悪感でしたが、今にしてみると、まだ血中母性濃度が20%いかないぐらいだったので、当然といえば当然だったと思います。
スポンサーサイト
10 : 18 : 16 | 地方へ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<妊婦時代 | ホーム | 帰国>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://freelancetranslator.blog.fc2.com/tb.php/12-3734866d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。